三大欲求わすれてない?

医学生のうちに彼女と月間1万pv目指すブログ

医学部在学中に副業について考える。第1話|生産傾向と消費傾向

医学部って6年間もあるので、1年からなんでもいいから副業を始めている人なら卒業までには相当なところまで来ていると思います。

僕の場合は、2年生までパチスロでフリーな時間を溶かしてしまったので実質的には3年からなので遅い方ですね。

医学部の人は多くの人が受験を勝ち進んできた超エリートばかりなので、医学の勉強とバイトとで6年間を過ごしてしまうのはもったいないと思います。

医学部を卒業したからといって医師になる必要はなくて、明治時代の医学部といえば、適塾ですが適塾の卒業生が全員医師になったわけではないのです。副業などを通してどんどん生産傾向な人が増えれば日本も活性化していくわけです。

よく聞く寓話で

レンガ職人に「ここで何をしてるの?」と尋ねると

1人は「見ればわかるだろうレンガを積んでいるんだ」

1人は「大きな壁を作っているんだ」

1人は「歴史に残る偉大な聖堂を作っているんだ」 という答えが返ってきたという話が“大昔”からあります。

現代にもまるっきりあてはまりますね

  • ぶつくさ愚痴や文句を言いながら働く人

  • 会社のため、上司のため、給料のためと働く人

  • 自分の仕事は世のためになる、●●になる、と目的を持って働く人

大きく3種類の人間がいるということが昔々から言われていたのですね。

副業の話は今現在まとめてる最中なので、副業をする上でのぼくのモチベーションを書きます。

願望、欲求が消費傾向な人が周りに多い

私大医学部だからなのかもしれないけど、消費傾向な人が多いように思える。あくまでもぼくの思いです。

「やりたいこと=消費」という人は、話していて面白くないんですよね……。

例えば、ぼくはダイビング部に入っていたんですけど、水族館で魚を見るのが好きって人よりもダイビングで潜るって人の方が話の深みはあると思うんですよね🤗🤗🤗1つ行動をより多く起こしている方が話していて面白い。

音楽を聴くのもぼくは好きですが自分で演奏してる人の方がカッコよく思っちゃいます。

⬇︎消費傾向をちょっとした工夫で生産に変えることができます⬇︎

消費されるものを作ること、すなわち生産こそが面白くて、奥が深い。

消費傾向にあることは資本主義の世の中ではまだ子供ってこと。子どもってオモチャいつも欲しがりますよね。そんな感じ。

この前、彼女と話してたのが、もうUSJは子どもと行くまで行かなくていいよねってこと。消費傾向よりは生産傾向にある彼女も同じ考えなようです。

でも「USJに行くこと」が大好きなら、USJについてのブログを書けばいいんですよ。うまく運営すれば利益は出るので副業になるし、遊びに行く費用を経費としてつかえます。

大阪行くことで、学会+ USJ +経費 +副業利益なんて活用できたら十分生産的な旅行です。🚄

すでにそうなっていますが、「やりたいこと=消費」という価値観は「ダサい」ものだと思われるようになっていくでしょうね。

これは二極化していくような気がします。

大学生の期間で、フリーな時間を、飲み会で消費する人と副業で生産する人がいるように、

消費大好きな人々の世界と、生産大好きな人々は、違う世界を生きていくようになるよね。

関連新大学生に学生期間中にやってほしいこと。ぼくは出来てるか自問自答してます。 - 三大欲求わすれてない?|医学生のうちに月間1万pv目指すブログ