三大欲求わすれてない?

医学生のうちに彼女と月間10万pv目指すブログ

リラックス、集中したい時の呼吸法。禅でやった時の具体的なトレーニングもプラスして書いてます。

呼吸法ってとても大事なのはヨガをしてる人なら理解してる人はおおいだろう。

迷走神経の位置から考えても呼吸と肺の動きは連動してることがわかりやすいと思います。

タブリン大学の実験でも、集中をキープできる人は呼吸と注意力がシンクロしていることが分かってます。

勉強とかスポーツをやってると分かると思いますが、集中力には波があります。めっちゃ集中できる時、ゾーンに入ったなんて表現することもありますが、そんな時もあれば、全く集中していない時もあるわけです。

人間の集中力と呼吸がマッチしてることがわかったので、呼吸法を整えれば集中を高めることができますね。

ノルアドレナリンは、脳内であらゆる働きをしている。ストレスが高まればノルアドレナリンが必要以上に分泌され、集中力は大きく低下してしまう。

つまり、ノルアドレナリンにはスイートスポットがある。このスイートスポットに収まれば、感情、思考、記憶などはよりクリアになるのだ。

具体的な呼吸法トレーニング

🐨呼吸瞑想:呼吸をコントロールするのではなく、じっと呼吸の出入りだけに意識を向け続けるタイプのトレーニング。仏教では一番定番の瞑想法。

基本理念としては、呼吸に意識を集中します。別のこと考えたらまた呼吸に意識を集中します。

トレーニングをするうちに呼吸に関する脳が活性化されていきます。

これから禅でやった時の経験を元に呼吸トレーニングを書きます。

Zen

ステップ1

まずは基本姿勢は禅だと結跏趺坐なんだけど、とても難しいので普通にあぐらでいいと思います。

背筋を伸ばして椅子に座るでもいい。背筋をピンと伸ばすことで集中を持続させる事ができます。

その際に、

  • 目をつぶってもいいし、開けててもいい
  • 手は前で組んでもいいけどリラックス重視で。

ステップ2

タイマーをスタートさせてから、

鼻で深呼吸に意識を集中させます。

そして、考えごとをしてしまったら、また呼吸に意識を戻します。

タイマーは30分くらいが良いとされてるけど、やり始めは5分でもしんどいと思います。苦行になっては効果は得られません。瞑想をリラックス目的でやってるのでそれ自体がストレスになっては元も子もないです。

ぼくは個人的にスキューバダイビングをしていたので、トレーニングする必要もなく瞑想を取り入れやすかったです。

寝る前に瞑想してからリラックスしてから寝ると良いですね。

まとめ

進化論的には、鼻からの呼吸は生存のメカニズムと結びついているはずだ。ほとんどの哺乳類と同じように、人類も嗅覚で腐った食べ物を見抜いて危険を避けるし、そのほかにも適切なパートナー選びにも使われている。

嗅覚は人類が生き延びるためのシステムなんで、当然、脳機能とも結びついているのではないか?と推測しているわけです。