三大欲求わすれてない?

医学生のうちに彼女と月間10万pv目指すブログ

インスタ批判の記事にアンチが湧いたので、さらに追加データを確認しました。

ぼくはSNSはツイッターをよく活用していて、フェイスブックは登録している程度です。彼女はツイッターもしてません。

SNSにのめり込み過ぎるとメンタル壊しそうだよね。メンヘラ垢とかで腕切ってたりするのは相当ヤバそう。

InstagramとかTIKTOKなんかは美人かカメラマンしかやるなよって思ってます。近頃みなさんInstagramが趣味になりすぎ。もっと桃太郎理論普及させたいですわ。

Instagramの批判記事を以前書いたらアンチが湧いたので、さらに追加データを探したわけです。

イギリスの公衆衛生王立協会がSNSのメリットとデメリットについてのデータを載せていてくれました。

【対象】14〜24才の男女1,479人

【方法】フェイスブック、Instagram、Twitter、You Tubeの利用度から、日常的にどんなメリットとデメリットを調べた。

調べた項目はというと

  • 健康情報へのアクセス:自分の健康に役立つ正しい情報を得られるかどうか
  • 感情のサポート:友人や家族とのコミュニケーションで感情の安定は得られるか
  • 不安:SNSの生で心配やイライラが起きないか
  • 鬱症状:極端に気持ちが落ち込んだりしないか
  • 孤独感:社会から取り残されたような気分にならないかどうか
  • 睡眠の量:SNSのせいで睡眠が妨害されてないか
  • 自己表現:自分の感情や考え方を表現できるかどうか
  • アイデンティティ:「自分はこういう人間だ!」といった認識が深まるかどうか
  • 自分の見た目への自信:自分のルックスに自信が持てるかどうか
  • リアルな人間関係:現実の世界でのコミュニケーションが促進されるか
  • コミュニティの構築:社会や仲間の一部であるという実感は得られるか
  • 批判の多さ:気持ちが沈むような批判や中傷が多いかどうか
  • 依存性:ついついSNSを使ってしまうかどうか

【結果】

棒グラフの

右➡︎「メリットあり」

左➡︎「悪影響が大きい」

つまりは、

やっぱ全体的にSNSはメンタルに悪い!

ただし自己表現やアイデンティティの確認には役立つ。医クラとか、美容垢なんかはその類だよね。

リアルな人間関係の促進には意外と役に立ってない。オフ会は怖いよね。

メンタルヘルス面ではYouTubeが意外にも優秀。おー。役に立つ事多いよな。

総合的にみると「YouTubeが最高!インスタグラムはヤバい!」みたいな感じですね。アンチにこのデータを突きつけたい。

まぁYouTubeは大きく睡眠の質を下げてるんで、積極的には推奨できないけどね。