三大欲求わすれてない?

医学生のうちに彼女と月間10万pv目指すブログ

医学生に読んで欲しい1分間読書【1分で話せ 世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術】

カンファレンス、上級医へのコンサルタント、学会。

医者、ポリクリ生はプレゼン力が試される。

どの業界でも必須のスキルだとは思うんですけどね。

プレゼンをするときは、聞いている相手にどうして欲しいのか、動いてもらうにはどういう情報が必要なのかをピラミッドで考え、簡潔で分かりやすく伝えること!「人は思ったほどこちらの話を理解していない」そういう意識が大切ですね。

医学生に読んで欲しい1分間読書【伝え方が9割】 - 三大欲求わすれてない?の実践編みたいな本です。

上手いプレゼンとは

プレゼンの目的は「人を動かす」ことにある。「理解してもらう」ことや「きれいに話す」ことはゴールではない。聞き手を具体的にイメージし、その人たちの反応を想像しながらプレゼンの準備を進める。

プレゼンは、

◎相手を動かすこと 

×自分の考えを伝える

が主軸。

3つの構成だけで人を動かせる

1.結論 (〜したい!)

2.根拠 (1〜,2〜,3〜)

3.例示 (例えば〜)

結論と根拠で左脳を納得させ、

グラフなどの例示で右脳を刺激すると

プレゼンはうまくいく。ロジカルだけで人は動かない。上手く伝えるためには、自分本位にならず、話している自分と相手を俯瞰で見ることが重要になる。

ここで「メタ認知」が出てくるとは。俯瞰で見ることの大切さ。仕事上では上級医との対話が殆どだけど、話をしながら根拠か主張か判断して話を整理してくのは物凄くハードルが高い。

話が長くなる要因

①プロセスを話す

②気を遣いすぎる

③自分の意見とは違うことを言う

全部話の長い上級医に当てはまってるよw

気をつけよう。

ポリクリで意識してほしい1分で話すスキル

エレベーターピッチの手法

①事前準備としてGTCメモ作成:

Goal=自分のゴール > Target=相手が欲しいモノ > Connect=GoalとTargetを繋ぐ手段

準備とは、話す内容や言葉遣い、話し方などを考えていくことだ。プレゼンにおける「結論」とは、「相手をどこに動かすか」である。

②話す時の順番: Item, Agenda > Target > Connect > Goal

コミュニケーションは聞き手が決めるのだ。

話し切った事がゴールになってしまうのではなく、その先の目指すところがなんなのかをゴールに出来るように組み立てて行きたい。

1分で話せ 世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術

1分で話せ 世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術