三大欲求わすれてない?

医学生のうちに彼女と月間10万pv目指すブログ

医学生に読んで欲しい1分間読書【メモの魔力】

ポリクリでなんとなく頭で考えていること、思ったこと、それらはほとんどがただ通りすぎていってしまい、記憶に残らない。

メモしていても何を?どう?ってなってしまうことが多々あった。

スタンスは同じでもデキル彼女のメモは総合試験でもズバリ的中するものばかり…

どしたら良いのか途方に迷い、読みました。

自分のメモはファクトばかりでそこから何かを生んでいく要素がない。 もっとレベルを上げなくてはいけなかったのだ。

注意→メモ嫌いな人には向いてません

そのすべてをメモし、なぜ自分はそう思ったのか?考えたのか?なぜ自分の心が動かされたのか?というのを掘り下げていくことが大事であるし、そのことこそが人生を変える力を持っていると著者は訴えている。

イメージを簡単にしてくれるのは、鋼の錬金術の一節だ。

理解→分解→再構築❗️

医学生に読んで欲しい1分間読書【読んだら忘れない読書法】 - 三大欲求わすれてない?とも考え方が同じだよね。

メモを取る→気づいたことを抽象化→自分の生活の行動に落とし込む

医者がしてることにも通じるよね。

作者は若くしてIT企業社長の元エリート証券マン。努力家。SNSの情報によると、とにかくいつでもどこでもメモを取るらしい。

中でも自己分析1000という付録がありこれを今取り組んでいる。無料公開されてるので、是非取り組むべし。

AI時代において、これまでの作業的な仕事のほとんどが機械に任せることができるようになります。つまり、今後は「自分がやりたいこと」が強烈に問われる時代になっていくということです。

作者はこの質問を30冊のノートに記入して自己分析したとのこと。

最初の100問だけでも、かなり自分の目印や本質が見えてくると思います。

メモの魔力ではお気に入りのノートをおすすめしていて、前田さんは実際にモレスキンを使っているっていうことでした。

モレスキンってこんなやつですよ。

モレスキン ノート クラシック ソフト 方眼 ラージ QP617 黒

モレスキン ノート クラシック ソフト 方眼 ラージ QP617 黒

最近の医学生はグッドノートとかでiPadに書いて勉強してる人も多いだろうし、全然いいと思う。

要は、メモによって鍛えられるスキルを身につければ良いのだ。

メモによって鍛えられるスキルとは、

①アイデアを生み出せる💡

②から⑤を組み合わせて知的生産性が向上する。

②情報を「素通り」しなくなる(情報獲得の伝導率向上)

習慣化すると情報獲得のキャッチ力がさらに上昇します。

③相手の「より深い話」を聞き出せる(傾聴能力の向上)

相手に伝えたい想いがストレートに伝わります

⬇︎

相手の思いが聞き出せるチャンスがあります

④話の骨組みがわかるようになる(構造化能力の向上)

正しくメモを取ることで全体像を俯瞰化して議論を組み立てることができます。

⑤曖昧なものを言語化できます。

①から⑤のスキルってポリクリの病院実習や医者になってから必ず必要なスキルだと思いませんか。

自分の軸になるものを見つけるために自己分析をすること。振り返ってみるとあまり自分のことを考えないままここまで来てしまい、未だに何がしたいのかわからないでいる医学生にはピッタリかも。

なんで医学部来たんだろとか、将来何科進もうとか、まだ全く考えられてない人、実習で病みがちな看護学生さんはとりあえずこれ読めって感じです。

メモの魔力 The Magic of Memos (NewsPicks Book)

メモの魔力 The Magic of Memos (NewsPicks Book)