三大欲求わすれてない?

医学生のうちに彼女と月間10万pv目指すブログ

医学生に読んで欲しい1分間読書【医者が教える食事術】

将来医者になるなら少しは食事も気をつける事が出来なきゃと思い読んだもの。

全てが証拠に基づいてる訳ではなさそうだったけど(筆者の推測も混じる)

  • カロリーより糖質を気にしろ
  • 血糖値を大きく上下させるな
  • ジュースなど糖質の多いもの、ポテトチップスなどは控える
  • 多種の野菜を食べる
  • 赤ワインを飲む
  • カカオの多いチョコレートを食べる
  • 豆製品を食べる

を訴えてる本。

ぼくがよくツイートしてる内容ばかりですな。

ご飯食べるときやジュースを飲むときに気にするようになった。彼女には菓子パンとジュースを禁止されてます。

正しいと思っていた食事方法を見直すきっかけになる本だと思います!これまでのデータの蓄積と分析によって健康的な食事の新常識が明らかにされてきています。果物は確かに健康にはいいが、現在の果物は消費者に売れるように糖度が高まっている。牛などは脂肪や糖分たっぷりの餌を与えられているから、その肉や牛乳の成分にも脂質や糖質が多くなる。といったように本来あるべき姿から改良されていると改めて気づかされました。人工的に改良され不自然な食事ではなく、本来あるべき自然のままが大事だなと納得しました。

血糖値を常時測れるfreestyleリブレ。

これ医師の父も使ってます。

腕につけて、クリニックから帰るとピッと測定してます。糖尿病家系などでね。

・「血糖値」が健康管理の最大のカギ

①血糖値が高い状態が肥満を作る

②血糖値が高いと免疫力が落ち、老化が進む ・血糖値が急激に上がり(血糖値スパイク)至福点に至った後、インスリンが放出され血糖値が下がり不快な症状が出る

・糖質を取り続けていると「反応性低血糖」という症状となり、眠気や集中力不足になる

個人的に不安な部分は、59章の「プロテインの過剰摂取は腎臓を壊す」です。

本書には➡「私の患者さんの中にパウダータイプのプロテインを摂取して、腎機能を示す尿アルブミンの数値がいきなり悪くなった人がいる」と書かれているのですが、不安感を煽る文章のわりに、具体的な数値(※一日何ミリグラムのプロテインを摂取すると身体に害なのか?)が示されていませんので、もやっとしました……。

プロテイン飲んでるの不安なるよー。

医者が教える食事術 最強の教科書――20万人を診てわかった医学的に正しい食べ方68

医者が教える食事術 最強の教科書――20万人を診てわかった医学的に正しい食べ方68