三大欲求わすれてない?

医学生のうちに彼女と月間10万pv目指すブログ

医学生でもサプリメントって実はよく知らない。

サプリメントって現代社会において飲んでる人が結構いると思う。僕もエッチの後には亜鉛を飲んでいる。もちろん最近自重筋トレにはまっているのでプロテインも欠かせない。薬局とか行くと何気なく売っていて、何気なく飲んでいるけど実はサプリメントって何なのかよく知らない。そんなあなたはこれを読んでみてください。

種類、成分、効果、、、サプリメントについてわかりやすく書いてみました。

そもそもサプリメントって何でしょうか?

まずはイメージから

100パーセント果汁ジュース→健康食品

乳酸菌入り食品→機能性食品

錠剤→サプリメント

サプリメントの大国と言えばアメリカ。

1994年から栄養補助食品健康教育法が成立しました。これによってそれまで食品だったサプリはビタミン、ミネラル、ハーブ、アミノ酸のいずれかを含み、通常の食事を補うことを目的とするあらゆる製品と定義され医薬品と食品の中間に位置することになり現在に至ります。

アメリカでは医療費が高くサプリメントで病気を治してしまう意識が強いようです。

日本では明確なサプリの定義が存在しません。体によさげな健康食品と言う大きな枠組みがありその中に体の調子を整える成分が入った機能性食品と錠剤やカプセル状になったサプリメントが含まれます。

なんかよーわからん。

サプリメントのイメージをもっと膨らましてみよう

問題❗️

次のうちでサプリメントに当てはまるものはどれでしょう?

☑︎錠剤

☑︎カプセル

☑︎液体

☑︎グミ

☑︎気体

⬇︎

⬇︎

⬇︎

答え、全てあたり!

例えば1日に1グラムは取るべしとされているdh会やEPAを食事から摂取しようとすると3間なら1日、イワシ7 2日、マグロの中トロで5切れ、赤身なら50切れ。こんなもの食いきれるわけがない。

そこで狙った栄養素を効率的に取れるサプリの出番が。カテゴリーは食品ですがその形は錠剤やカプセル組など何でもあり。形状にも規制は無いので多様化は進む一方。欧米では期待で数サプリなんてのもあるようですよ。

サプリにはどんな成分が入っているかわかりますか?代表的な6大栄養素ってわかりますか?

タンパク質、糖質、脂質、ミネラル、ビタミン、食物繊維

ご飯を食べる理由は食品に含まれる栄養素の摂取が大切だからだ。

①体を作る→タンパク質

②エネルギー源になる→糖質、脂質

③体の調子を整える→ビタミン、ミネラル

先日病院実習でNICUを周らせて頂いたが、赤ちゃんにも同様に上に挙げた6この栄養素を問いをしていてやはり大事なんだなと感じた。

サプリメントと薬の違いは?

サプリメントは健康の維持や増進のために役立つ食品。

医薬品は病気の予防や治療目的とした薬。

錠剤やカプセルのサプリはお薬と形は似ているがあくまで食品である。医薬品は効能効果、副作用、用法容量、安全性等について精査のされ厚生労働省から正式に承認されたのである。

国から認められた1部のサプリメントもあるが薬機法によって医薬品のような特定の病気や症状の予防や治療の効果を表示することができない。

よって高血圧の改善や花粉症の改善等の効果を歌うものはNGである。血圧が高めの方にとか目や鼻の不快感を軽減過度なごまかしはオッケー。

これこそサプリメントがよくわからない原因かもしれないね。

トクホ、機能性表示食品、栄養機能食品って何?

となると食品て書いてあるものの違いが分からなくなっていく。

●特定保健用食品、いわゆるトクホ→届出必要

[トクホ]ヘルシア 緑茶 1L×12本

[トクホ]ヘルシア 緑茶 1L×12本

含まれる成分に特定の機能があることが科学的に立証された食品で、国から個別に安全性や効果の審査を受けて消費者庁から許可されたものである。

●栄養機能食品→自己判断

ビタミンやミネラルなど国が定めた栄養成分基準に則って各メーカーが自己判断で栄養表示しています。ビタミンCは皮膚の健康維持を助けますはオッケーだが特定の効果を表現する事はNG。

●機能性表示食品→個別許可

カルピス カラダカルピス 500ml×24本 [機能性表示食品]

カルピス カラダカルピス 500ml×24本 [機能性表示食品]

メーカーが食品の機能性について科学的データを揃えて消費者庁に届けているもので、体の部位についての効果の表示が可能。