三大欲求わすれてない?

医学生のうちに彼女と月間10万pv目指すブログ

医学生になる前に一読しておきたいGoogleの便利すぎるテクニック001〜010

医学生は勉強効率がとても大事。

膨大すぎて埋もれしまいます。

ぼくの周りでもiPadなどのデジタルデバイスを使いこなしている人は何人かいます。

デジタルデバイスを使いこなすのもありですが、まずは世界的に一番デカいエンジンの事をよく知っておくのもありかと思います。検索する技術ってとても大事です。

ぼくがこの5年間で知ったGoogleの便利すぎるテクニックをまとめておきますので、医学部入る前にでも一読しておくと良いと思います。

医学部生活のカテゴリーの中に色々書いてるので良ければどうぞ。

001 正確に検索をするフレーズ

Googleの検索エンジンってとても役に立つけど、たまになかなかお目当てのページにたどり着けないことがある。

例えば、

医学生 勉強

って普通に検索をすると思う。検索演算子を追加する事で、より効率的に検索を絞っていくことができる。

[医学生OR勉強]→複数の単語のいずれかを含むページを検索できる

[医学生−勉強]→マイナスをつけることで勉強を含まないページを検索できる

[“医学生 勉強”]→完全一致したページを検索してくれる。

[site:medu4. or .jp ]→指定したドメインのみで検索してくれる。

[cache:URL]→削除されたページでもみれることがある。

[filetype:pdf 疾患名]→指定した拡張子のファイルのみを検索できる。

[表皮内の*膿瘍]→あいまいな感じにでも補完して検索してくれる。

002 演算子を覚えたくない人は

検索オプションを利用しちゃう。

001での検索演算子を覚えるのは面倒なので、検索オプションを開こう。Googleトップページの下にあるよ。

一度にたくさんの条件を選択できるのが良い点だね。

Googleのアカウントに入っていれば、検索条件を保存しておくことも可能です。

003特定のブログやサイト内のキーワードを検索する

ぼくが個人的によく使ってる機能です。

ブログを読むのが好きなので、

あのブログのあの記事が読みたい❗️

あのブログのあの内容をもっと読みたい❗️

って時に使える機能です。

[site:medu4. or .jp グロムス腫瘍]なんて使うと、medu4のサイトのグロムス腫瘍のみを検索出来ます。検索オプションでも同様の事が出来ますので、そちらがオススメですね。

004ネットに転がるフリー素材を見つけたい。

検索結果画面から画像のみを見に行ったことがある人は多いだろう。

その中からフリー素材を見つける方法があるのだ。

検索ツールバーから再使用が許可された画像をクリックすると、フリー素材のみを絞りこむ事が可能だ。

005ネット上で似てる写真をさがしてくる

この画像の疾患わからねーって時に使える機能です。

GoogleのChromeアプリを開いて、画像検索へいくと、カメラマークがあります。

画像のURLを貼り付ける、または、画像をアップロードするを選択して自分の持ってる画像を選択すると同じような画像をネットから探し出してくれる。

これなんじゃね?ってなるので、照らし合わせる事ができるよね。

皮膚科とか一つの疾患で一つの画像しか見てても他を見た時に全くわからないので何個か見ておくと良いかも。

006音声検索ハンパない

音声入力半端ねえな。ブログ書くの遅いって方にオススメ。 - 三大欲求わすれてない?でも書いたけど、最近スマホの音声認識はとても優れていて、パソコン使えない時なんかは音声入力でブログを書いている事がほとんどだ。

マイクボタン押して、キーワードを話すと検索してくれるの便利だと思うよ。

アレクサとか試してみたいとは思ってるけど、どうなんだろうね。

Echo Dot  第3世代 (Newモデル) - スマートスピーカー with Alexa、チャコール

Echo Dot 第3世代 (Newモデル) - スマートスピーカー with Alexa、チャコール

007検索結果からアダルトコンテンツを削除する

検索設定で

セーフサーチをオンにする

を選択すれば、アダルトコンテンツや暴力的なコンテンツを見なくてすみます。

さらに、

セーフサーチをロックする

を、選択すれば不適切なテキストなんかも含めて除外されて、ロックしたGoogleアカウント以外ではセーフサーチを解除できなくなります。

008検索候補を個別に削除する

特定の予測候補のみを削除することも可能です。

その場合は、予測候補の右端に表示される

削除

をクリックすればよい。ウェブとアプリのアクティビティにアクセスして候補として表示されたくないワードを検索して、まとめて検索しておけば表示されなくなる。

009検索に関する設定を変更する

検索設定はGoogleトップページの右下の

設定→検索設定

から変更できる。セーフサーチフィルタ、プライベート検索結果、インスタント検索などを変えたりできる。

010過去に検索した履歴を表示する

意外と履歴って使えます。

iPadでは勉強関連くらいにしか使ってないんで、履歴を確認すれば勉強遍歴を確認出来ちゃう。

アダルトコンテンツも検索してたら出来ない所業です。

もう確認する必要のないものは削除しちゃえば良いのです。

①検索とアクセス履歴の確認と個別削除

ウェブとアプリのアクティビティで、検索履歴を確認できます。

削除したい履歴や日付にチェックして削除可能。

②過去の履歴わまとめて削除する

過去の履歴をまとめて削除したい場合には上部メニューのオプションボタン(縦3つの点)から削除オプションをクリック

以上が検索機能でぼくが使えるなって思った機能です。

次回はGmailを活かし方を書こうと思います。