三大欲求わすれてない?

医学生のうちに彼女と月間1万pv目指すブログ

あげまん、さげまんは死語だとは思いますが、、、

あげまんとかさげまんって死語かなと思います。

By Alma Haser #artist #photo #instagram #twitter @almahaser

男女平等とか謳われてるし、女性の方が尽くして男性を出世させてやる、みたいな風潮はもう終わってしまったのかな。時代がそうさせたと言えばそれまでですが、その前に出世させてやるといった甲斐性がなくなってしまったからだと思う。

アプリやSNS、出会い居酒屋などでいくらでも出会いを作ることが出来ます。それは一見円滑な出会いを提供してくれてるので、オールオッケーみたいな感じですがら、しかし、ホントに続くのはごく一部かと思います。

だって、男は美人で可愛いくてセクシーな女をゲットしようとするし、女は出世の頂点にいるような男をゲットしようとするでしょう。

ただ、上にあげた安易な出会いツールでは見つけることが出来ない。そこにはそんな理想的な男も女もいないのだから。

なので、今一度あげまん気質の女性が重宝されるという原点回帰。

男だって共に出世してくれる女がよいのは当たり前で、出世してからセクシー女優と結婚してしまうといった歌手はなかなかいない。

あげまん気質の女性が重宝される世の中

 男目線で言ったら、出世させてくれる人、出世したらより出世させてくれる人を結婚相手に選びたいもの。トップオブトップの人間になった人くらいなら、見た目とかだけで選んでもいいだろうけど、人って老けるものなので、目移りしがちってことは自明。

なので、見た目なんかよりあげまん女性を手に入れることが出来る事がいいんじゃないですかね?

女性側もライフバランスを仕事か家事かどちらか重きを置くかはありますが、どちらにせよあげまん気質って大事。彼氏、旦那だけでなく、会社においてもあげまん気質ってとても重宝されるに決まってるもんね。