三大欲求わすれてない?

医学生のうちに彼女と月間1万pv目指すブログ

トックリランを見ながらブログ書くのがぼくのルーティン。観葉植物は勉強効率をあげてくれるみたいですよ🌴

トックリランを育てはじめました。

先月の台風の影響でパキラを失いまして、悲嘆にくれていたのでついかってしまいました。

先日入ったオペで執刀医の先生と主治医の先生が観葉植物を育てているということで、トックリランをご存知なかったので、まずは説明します。

トックリランとは

メキシコ原産の常緑高木で、明治時代に日本へ渡ってきました。本来は10mほどに生長しますが、生長がゆっくりなことから、日本では観葉植物として流通しています。

幹の株元が膨らんでおり、水を貯めこむ性質があることから、長期間の乾燥に耐えられるのが特徴です。また、幹の上部から細長い葉っぱを何本も垂らしています。

トックリランの花は咲くのか?

執刀医の先生に、

トックリランの花は咲くのか?

って聞かれ、そういや見たこと無いなと思いました。調べてみたところ、樹齢が10年を越えると、幹から細い茎を1本伸ばし、穂のようにクリーム色の小さな花を咲かせます。

10年待ってようやく花を拝めるなんてステキですわ。

西野カナのさよならって曲を思い出してしまう。

ASIN:B073PQV44K

観葉植物をなぜうちに置いてるのか?

ポリクリで一般外科を回っていた際に、先生方の前で自己紹介をしたんだけど、

趣味は観葉植物をいじることです❗️って言ったらざわついた。

観葉植物は血気盛んな外科医の先生方には隠キャ扱いなのかな。

なぜ観葉植物をいじるのが好きなのかと言われると、きれいな空気を作り出してくれる植物だが、それだけではないからだ。植物を置いておくと、リフレッシュ効果を得られるだけでなく、集中力を高め、効率的に仕事をこなせるということが実証されてるからだ。

トックリランを見ながらブログ書くのがぼくのルーティン。

研究結果にもあります。

デスクに観葉植物を置いた時とそうでない時の記憶力の違いを調べるため、被験者らに、どちらの方がコンピュータに浮かんだ文章の最後の単語を覚えていられるかという調査を行ったそうだ。

 一度目の実験は2011年に実施された。何人かの被験者は何も置いていないごくありふれた木製のデスクに座ってもらい、その他の被験者は観葉植物や植木に囲まれたデスクで作業するという形で行われた。

結果は、

植物に囲まれて作業をした被験者の方が、そうでない被験者たちに比べ、良い結果をだしたという。

La secrétaire

 二度目の実験は2013年の夏に、同じ被験者らに対して行われた。継続して植物を置いたデスクを使っていた被験者らの記憶力は更に向上していたという驚きの結果が得られたそうだ。

 ノルウェー大学の生活環境学者、ラス・K・ラアナアス氏は、「観葉植物を置くことは最もシンプルで安上がりだが、確実に社員たちの満足度と集中力を高める方法だ。」と語った。

   これらの実験は自然に触れたり、自然を眺めることでストレスを軽減できるという「注意回復理論」を裏付けることになった。

 「仮眠をとる。」、というのも気分転換には有効だが、もっと簡単に「緑を見る。」という方法でも我々の疲れを軽減できるのだ。

観葉植物をデスクに置くだけで、”ささやかなリフレッシュ効果”が得られる。観葉植物は文房具のように、当たり前のようにデスクにあってよいよね。

うちの大学病院にも至る所に植物が置いてあるのはそのためだろうな。