チョコをどれぐらい食べたら頭良くなるかがわかったって話。

ぼくの日常の生活用ブログにも2017年に書いていましたが、チョコはBDNFを活性化してくれる。BDNFってのは脳神経の生まれ変わりってイメージかな。

Jacek Chocolate on 104 Street

特に、ダークチョコレートがいい!ってのは有名な話で、頭が良くなるかも?シワの予防にもなるかも?なんて効果を期待出来ちゃう。なんせダークチョコはフラボノイドが豊富なんで、いろいろとメリットが多いんですよ。

論文読んでたら、「ダークチョコレートで血管が若返るぜ!」って結論がまとめられていました。言わずもがな、血管の若返りはアンチエイジングの最大ポイントのひとつですから、実にナイスな話ではないかと。

これは、みんな大好きBMJに掲載された論文で、過去のチョコレート研究から信頼性が高い23件をまとめたものです。405,304人分のデータを使ったメタ分析になってまして、かなーり使える内容になっております。

では、まず大きな結論から見ていくと、

1週間に20gのダークチョコレートを食べると、心疾患のリスクが1.8%低下する!

って感じです。なんとも小さな数値のようですが、これはあくまで「週に20g」を食べた場合でして、これより多く食べればさらに血管は若返って行くわけであります。

とはいえ、もちろん青天井に効果が出るわけではなくて、メリットが消えちゃう上限もあるみたい。

チョコレートの消費量が1週間に100gを越えると、心疾患のリスクを防ぐ効果は増加しなくなってしまうようだ。

ってことなんで、意外に少ない段階でチョコレートの効果は意味がなくなるっぽい。だいたいの板チョコは80〜100gぐらいなんで、1週間に1枚も食べる必要がないってことですな。

では、もろもろの数値を考慮したうえで、どれぐらいの分量を食べるのがベストなのかと言いますと、

心疾患リスクを下げるなら、週に45gが理想だと思うよ!

って感じになっております。これぐらいの量を食べていると、心疾患リスクがおおよそ11%ぐらい下がるんだそうな。これはなかなかの数字です。

明治 チョコレート効果カカオ72%大袋 225g×12袋

ってことで、ダークチョコレートは週に板チョコを半分ぐらい食べておけばOKって感じ。1日にひとかけらを消費すれば十分ってことすね。

もちろんチョコの味が好きならもっと多く食べても構ませんし、美容系の実験だと1日25gぐらい食べてるんで、見た目のアンチエイジングに効かせるにはもうちょい必要なのかもですが。