「フローフシ(FLOWFUSHI)」が、2018年末をもって終わることを発表したのはなぜ?

恋コスメとしても有名な「フローフシ(FLOWFUSHI)」が、2018年末をもってブランドの展開を終了することを発表した。2011年にスタート、「MOTEMASCARA」やなどの商品を発表した。

彼女もアイライナー、マスカラ、まつげ美容液を使ってるし、ぼくの中でも売れてるという認識の「フローフシ(FLOWFUSHI)」は、かなり売れていたように思うのに終了してしまうのはなぜなのでしょう?

ぼくの彼女が気に入ってるブランドは潰れてしまう現象はあるあるなんですが、なんで終わってしまうんでしょうか?

彼女は買いだめしようかなって言ってます。

フローフシ(FLOWFUSHI)の神ラインナップ

フローフシ (FLOWFUSHI) 2018 S/S LIMITED EDITION LIP38℃ +1℃ SWIRL Sparkling 003

フローフシ モテライナー リキッド ブラウン

フローフシ モテマスカラ IMPACT 1

フローフシ・THE まつげ美容液 5g (まつげ美容液) [並行輸入品]

ツイッターの美容垢を除いてみると、みんなの悲鳴😱が多く叫ばれています。

愛用者の多くが右往左往していますね。

ホントに終わるのか?

まずは坂本龍馬のポスターで「最後の冬がはじまる」と書いてあるけど、この真意は?ってなる。

坂本龍馬は江戸時代を生きた剣豪。そして明治への橋渡しの役割を担ったという印象も残していますので、新しく生まれ変わることを暗に示しているのかもしれません。今回の終わりは1つのピリオドを打つだけであり、また新しい不老不死としてフェニックスとして舞い戻ってくるでしょうな。

2018.10.17→❓

2018.12.31→❓


2019.01.01→❓

2019.02.14→❓

に何かしら起きるのかもしれないですね。乞うご期待ですね。少しこの会社、右翼がかってるのかなと疑う余地もありますが、ここまで女性に愛されて、女性を輝かすフローフシ(FLOWFUSHI)を応援したいですね。