三大欲求わすれてない?

医学生のうちに彼女と月間1万pv目指すブログ

女性の毛穴が開いてるとげんなり。対処法はあるのか?

納会やらのシーズンが終わり、8月もビアガーデンとか飲み会が目白押しですね。

飲み会で思うのはどんなに美女と対面しても、毛穴がガバーっと空いてるのを見てしまうとげんなりしちゃいます。

毛穴の原因は大きく分けて2つ。

① 角質がたまって毛穴の伸縮が出来ない。

② たるみによって毛穴が下方へ引っ張られて目立つ。

①の場合、角質を取り除き、しっかり洗顔してパック。

②の場合、たるみを改善すべく筋肉改善 が必要です。

今回は「①の場合」について書いていこうかと。

というのも、ぼくがいわゆるいちご鼻👃🍓だったので対処してたからですね。

①角質を取り除く

自分の顔が二の腕の内側の皮膚や内太ももの感触より硬く感じたら角質がたまっています。

肌が乾いている状態で、市販のピーリング剤(または角質除去効果の得られるもの)で 日ごろのさぼったお手入れの残骸をきれいにオフします。

ロゼット ゴマージュ 120g

これだけでも肌触りが変わります。

②しっかり洗顔

ネットや泡マシーンなどで、コシのあるキメ細やかな泡をたっぷり作り 円を描きながら泡の弾力で顔の隅々までキッチリ洗顔。 ここでの注意点は、手早く・あくまでタッチはソフトに。 ゴシゴシこすったり、強く摩擦を起こしたり、マッサージなどはしないで 泡の弾力のみで表面を磨きます。

また、洗顔料はどんなに「肌に良い」とされる成分配合でも 泡が立つ時点で界面活性剤が入っています。 長時間お肌に触れると必要な潤い成分まで分解してしまうので注意!

③すすぎ

ぬるま湯で2度洗い。この時もガシガシこすらず、顔にお湯をかけながら泡を全てきれいに洗い流します。

④毛穴ストレッチ(重要🌟)

冷水で一気に顔を冷やし、毛穴をキュッと引き締めます。顔がシッカリ冷たくなるまで数回繰り返します。タオルで軽くポンポンと水滴を拾う程度に水気を取ります。 ゴシゴシこすって拭かない事。

⑤基礎化粧を済ませる(重要🌟)

通常使っている化粧水・美容液・保湿クリームまで済ませます。化粧水や美容液などの液体系は、軽くパッティングしてキメの奥まで浸透させて保湿クリームなどは薄く伸ばしてから手全体で顔を包みこみ、手の温度でジックリ浸透させます。

保湿をすることは超重要だと考えていて、乾燥する時期なんかはベビーワセリン使ってます。

⑥パック

市販のシートパックを顔に乗せ、乾いてきたら化粧水や水分を足し、顔をしっかり冷やします。

パックには用途が2種類あって、

①美容成分をパックによって補充する

②冷却する

①の場合は取扱説明書にある時間を守って下さい。

②の目的の場合は、すでに基礎化粧を済まし水分の逆流を防いでいるので長時間のパックが可能になり、顔全体をジックリ冷やすことができます。

彼女がよく使ってるパックは⬇︎

メディヒール(Mediheal) N.M.F アクアリング アンプル マスク 25ml x 10個

毛穴の原因は、摩擦や長時間の化粧などによって角質を厚くし化粧水などの浸透が悪く、実は肌内部で乾燥を起している状態です。

角質は肌を摩擦や刺激から守るためにあるので 角質を厚くする原因を取り除かなくてはいけません。

そして一番大切なのは、毛穴のストレッチです。

「熱い→冷たい→熱い→冷たい」を繰り返す事で 肌表面の毛細血管を刺激して毛穴の筋肉を鍛えます。 「血行を良くしてから表面はしっかり冷やす」 これが毛穴退治の一番のポイントです。

韓国人や東北の人の肌のキメが細かい理由は 寒い地域は常に体の中を温め、でも顔にあたる外の風は痛いほど冷たいこの状態が自然に成り立っているからです。

まとめ

「顔は冷やすが、体の中は常に温かく」が美肌の基本です。