三大欲求わすれてない?

医学生のうちに彼女と月間1万pv目指すブログ

ヒモ気質な男性が付き合う、結婚するなら断然オススメなのが女医さんに将来なる女子医学生

女医さんのモテないイメージを払拭したい

医者ってモテるイメージがありますが、一方で女医さんはモテないイメージがあります。

俗に言う三分の一ルールです。

女医さんのうち

三分の一しか結婚せず、

三分の一は離婚し、

三分の一は生涯未婚

って感じ。

実際現在ぼくはポリクリ生として病院実習してますが、良さげな女医さんは大抵薬指に指輪んしてます。女性医師の1/3法則も男性医師の2%未婚率も時代背景が違うから何の参考にもならないに1票。日本の女性の生涯未婚率が15%ほどなのでそんな変わらないなとも思ってしまいますが、この差は悪しきイメージによる女医さんを敬遠してしまったことにより起因してるはず。

ぼくも医学部生と四年ほど付き合ってるし、周りを見渡しても医学部の女子はたいてい彼氏持ちである。女子のレベル高いといったらそれまでなんですがねポリクリ班の女子はみんな彼氏いますね。

女医さんを敬遠してしまう理由と実際はどんな魅力があるのかを交えて、女医さん👩‍⚕️をオススメしたい

女医さんは出会う機会が限られている

女医さんと知り合おうにもどう出会えばいいのかわかりません。

ぼくも考えてみても答えでないかも。

患者の時に運命的な出会いをするとか、医療職で同僚とかでない限り知り合う機会すら無さそう。

かと言って女医さんも仕事が忙しいので恋活をしてる人って多くはないだろうな。アグレッシブに動けてる人はそのことで悩んでない。

学生時代は学年で男子の割合が多い。中高でモテてこなかった女子でさえモテる6年間が来るんです。最近は女子の割合が増えてきたのでモテ期のビッグウェーブに乗り切れないと一生波🌊待ちになってしまうかも。

また、働き始めたら更に女性社会に身を投じることになりますね。それも、医師よりは時間の余裕があり、女磨きをする時間もあり、平均的に若い女子が敵になります。

先日行われた医療系学部合同の実習では、上のツイートの画像みたいにはいきませんでしたが、改めて医療系って女子多いなと感じました。

より出会いの機会を失います。。。

女医さんと出会いたい人も出会えず、女医さんも男との出会いに難渋してしまってるわけです。

最近では出会いマッチングアプリが盛んになってきてるみたいですが、彼氏を作れずプライド高くなってしまった女医さんはそういった類いのものを使わず、生涯未婚率をあげる1人になるのでしょう。

女子医学生と付き合ってしまいましょう

先程話したように女医さんと出会うのは難しいです。良さげな女医さんは大抵学生のうちから彼氏いるか、バリバリに働けるようになる前に結婚しちゃってます。

そこで目をつけたのが、女子医学生のうちに付き合ってしまえば良いのです。

女子医学生の方が女医さんより出会うのが楽だと思います。友人の友人くらいなら女子医学生と繋がることが出来るでしょう。

よく金融日記ってブログ読んでて、恋愛工学について学んでるんですが、恋愛工学的には女子のピークは22歳です。ストレートで医師になっても24歳なのでピークを過ぎています。若い女子が必ずしも良いってわけではないですが、日本がロリコン文化な事は否めません。恋愛だけを照らし出せば、若くて可愛い女子が1番需要があります。

女医だからモテないというより、需要のピークを過ぎてるからモテないというのが最も重要なポイントかもしれません。なら需要のピークを前倒しで恋愛を始めれば良いことになりますね。

つまり、女医さんと付き合うのではなく女子医学生と付き合えば良いってことになる。そして女医さんになったら結婚したらよいのです。

女性がハイスペを求めるように、年収1000万を稼いでくる女性と結婚したい男は山ほどいるでしょう。ただ、年収1000万円の女医さんではなく、将来的に年収1000万円の女子医学生のときから長く付き合うことを選択してみませんか?

今回のまとめ

女医さんと出会うのは難しいので、

女子医学生と付き合い、女医さんになったら結婚する。

次回、女子医学生の魅力は将来的に年収1000万以外にも山ほどあるってことを書きたいです。